外壁・屋根塗り替え!職人の腕が悪すぎた!

去年春、夏の台風に備え、リフォーム補助金をもらいつつ屋根と外壁の塗り替えを依頼することにした。

 

家を建てたのは、もう30年近く前。

 

その時の工務店は倒産しており、頼むことができないため、その工務店で働いていた屋根職人に頼み、屋根と外壁の塗り替えを依頼した。

 

その職人は、工務店が倒産してからは個人で請け負って仕事をしている個人事業主であった。

 

最初に来た時から、イヤな予感がしていたが、紹介してくれと頼んだ手前、追い返すわけでにもいかない。

 

40坪程度の家だが、見積もりは80万円。

 

この金額が高いのか安いのか、不明なまま、仕事に取りかかってもらうことに。

 

期間は、2週間。

 

足場が組まれ、庭には、その職人の仕事道具が並び、塗り替えが始められることになった。

 

最初は屋根と外壁の汚れを落とす作業から。

 

屋根の上に上がり、屋根を洗っている最中、何気なく上を見たら、雨どいを踏んでしまったらしく、雨どいが変形している。

 

が、まだ、工事は始まったばかりで、初日から嫌味を言うのが憚れたため、そのままにしておいた。

 

翌日、その職人が来ないので、ほかの現場と掛け持ちで昼からでも来るのかと思っていたら、14時過ぎにやってきて、腰が痛いので病院に行っていたとのこと。

 

遅れを取り戻すために急ぐのかと思ったら、「ちょっと休憩してから」。

 

その翌日、朝から大工さんを連れてやってきて、屋根の下にある木がもうダメなんで、修理した方が良いとのこと。

 

そんなこと、見積もりの時点で相談するのではないのか。

 

別料金になるが、どうしたら良いかと聞いてくるので、屋根を修理するには、また足場を組まなくてはならないと思い、やってもらうことにした。

 

見積もりを書いてくれと頼んでも、後で出しますの一点張り。

 

またまた翌日、遅刻。

 

10時過ぎに大工とやってきて、タバコを吸いながら話してる。

 

うちのおじいちゃんに「なんか飲み物とおやつ持って来て」と催促。

 

堪忍袋の緒が切れたわたしは、その職人を紹介した屋根職人に電話し、来てもらうことに。

 

屋根の木を直す修理代は、最初に約束した80万円に入れ込むことにして、追加の料金は支払わないことで決着をつける。

 

足場を外す前に、屋根、外壁を見せてもらいましたが、なんともお粗末な仕上がり。

 

サボり癖のある、口ばかり達者な職人ほど、仕事ができないことを再認識しました。

 

今後、家のリフォームをする時は、きちんとした工務店に依頼しようと思います。

 

やはり、個人でやってる職人は、会社のルールに縛られないからか、ルーズな仕事ぶりになっていると思う。

 

雨どいのへこみは、今もそのまま。直すどころか、忘れたまま。

 

80万円、騙された気分です。

 

もう二度と依頼することはありません。

個人事業主である赤帽さんが低料金で高品質の引越しをしてくれました

2010年ぐらいのことでしょうか、東京都の同一区内で、車で10分程度のごく近所での引越しのために、「赤帽」を利用しました。

 

赤帽とはそもそも、個人事業主が組合員となって構成されている貨物軽自動車運送協同組合で、全国47都道府県に組織があります。

 

組合員は国土交通省に貨物軽自動車運送事業の届け出をして、組合から指定された車を購入して事業を行っています。

 

その軽貨物車と赤帽のロゴには、馴染みのある人も多いのではないでしょうか。

 

私の場合、その車1台では荷物が収まらず、助っ人の人ともう1台の車を用意してもらい、引越しをしました。

 

赤帽の組合員は各地で事業をおこなっているのですが、近所のいくつかの赤帽に連絡をしてみて、私はその赤帽さんに決めました。

 

とても丁寧に話を聞いてくださったことと、的確に質問に答えてもらえたことが決め手でした。

 

引越し当日も、何の問題もなく作業が終了しました。

 

荷物の梱包のしかた、運び方、置き方など、一つ一つの仕事がとても丁寧で素早く、感心したことを覚えています。

 

また料金も安く、二万数千円だったと記憶しています。

 

まさに激安引越しです。

 

荷物が少ない引越しですと、やはり赤帽が一番安いのではないでしょうか。

 

赤帽はみな個人事業主です。

 

責任者の人が自ら作業をしますし、評判が自分の収入に直接影響します。

 

信用を得られなかったり、悪い評判が立ってしまったりすると、その後の事業に悪影響を与えてしまいます。

 

ですから、やはり責任感が違うのではないでしょうか。

 

もしよい赤帽さんを選び出すことができれば、低価格で、質の高い引越し作業をしてもらえると思うのです。

 

この文章を書くために、先ほどその時の赤帽さんのウェブサイトを見てみましたが、まだ事業を継続していました。

 

 

当時からキャリア十分でしたが、さらにキャリアを積み重ねていたようです。

 

少ない荷物の引越しをする人には、ぜひそこの赤帽さんをおすすめしたいと思うほど、印象に残っている引越し屋さんです。